img8590_01

前回、Rebellionの新作“Sniper Elite 3”を抑え「Watch Dogs」が4週間ぶりの
首位を取り戻したイギリスの週間セールスチャート。
好調なセールスが伝えられる“Watch Dogs”が首位の座を守ったことが
明らかになりました。




13日週は目立った新作ソフトも発売されず、幾つかのタイトルがセールで順位を
伸ばした程度の静かな状況が続いていますが、ローンチ以来一定の販売を続けている
Respawn Entertainmentの“Titanfall”が前回から3ランク落とし8位となったものの、
今年3月中旬の発売以降、19週連続でTOP10入りをキープしていることが
報じられています。

1・WATCH DOGS -- UBISOFT [-12%]
2・FIFA 14 -- ELECTRONIC ARTS [-13%]
3・CALL OF DUTY: GHOSTS -- ACTIVISION BLIZZARD [-12%]
4・WOLFENSTEIN: THE NEW ORDER -- BETHESDA SOFTWORKS [-27%]
5・SNIPER ELITE 3 -- 505 GAMES [-29%]
6・MINECRAFT: XBOX 360 EDITION -- MICROSOFT [-3%]
7・MINECRAFT: PLAYSTATION 3 EDITION -- SONY COMPUTER ENT. [-4%]
8・TITANFALL -- ELECTRONIC ARTS [-24%]
9・BATTLEFIELD 4 -- ELECTRONIC ARTS [+2%]
10・MARIO KART 8 -- NINTENDO [+31%]

http://doope.jp/2014/0735358.html

「ウォッチドッグス」人気は世界規模、洋ゲーながら日本でも口コミで注目が集まり
現在好調な売れ行き、最新版国内週販でもランキング5位(PS3版)、6位(PS4版)に
ランクイン。(累計本数はPS4版77000本、PS3版53000本)

watch_02

一方、「タイタンフォール」はジワ売れが止まらず、国内向けローンチを控える
XboxOne版「タイタンフォール」に注目が集まる状況となっています。

titanfall_006_cs1w1_720x

ようやく日本でも洋ゲーが一般向けにも受け入れられるようになってきた印象ですね。
最近は洋ゲーの新規IPヒットタイトル、本当に面白いものばかりですからね。
この勢いで日本のコンシューマに勢いをつけて欲しいところであります。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯