iOS向けゲームブックアプリ『展覧会の絵』がリリース。
現在期間限定で値下げ中、買ってみました購入レビュー。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

4

実は先月からリリースされていたアプリなんですが、今回iPad mini を購入し、
電子書籍を読むのに向いているiPad サイズなので、何か面白そうなものは
ないかと探しているうちに発見。
期間限定で500円→450円でセールしていたんで、思わず購入してしまいました。

『展覧会の絵』は、和製ゲームブックの最高峰とも名高い一作で、
既に絶版となっているアドベンチャーゲームブックシリーズの中、
iOS向けアプリとしてこの度復活。
紙媒体では不可能だった5つの特徴を持って、内容はオリジナルのまま
リリースされています。

5つの特長
・創土社からの復刊版を、本の素晴らしさを生かしたまま、忠実に再現。
・名曲「展覧会の絵」のオリジナルアレンジをBGMにして、楽しめます。
・もちろん、持ち物やステータスなどは、システムが自動で管理します。
・便利なしおり機能付き。そう、ズル(やり直し)が出来ちゃうんです。
・なんと、作者を巻き込んだクリア特典を収録。クラシック好きは必聴!

■価格
500円(※リリースセールで、今だけ450円)

■作品紹介

tenrankai(2)

ムソルグスキーのピアノ組曲『展覧会の絵』を題材にしたゲームブック。
記憶を失った主人公がプロムナードを渡り歩き、10枚の絵の中で
数々の試練を越えてゆく。
先立った友人に会いたいという強い想いが叶えた冒険譚であり、感動的な
ストーリーと、3種類の旋律を奏でる琴を武器にして戦うシステムが注目を集めた。
剣と魔法の世界に縛られていたゲームブック業界に一石を投じ、翻訳物では
味わえない巧みな文章と豊かな感性が新鮮な感動を呼ぶ。
雑誌「ウォーロック」の読者投票でも『送り雛~』が登場するまでの永きにわたって
一位の座を貫き続けた。ゲームブックとは自分が主人公となって物語を疑似体験する
小説であることを強く認識させる作品である。
http://homepage2.nifty.com/amakakenomiyako/home/gb/tenrankai.htm

IMG_0009
IMG_0010
IMG_0011
IMG_0012
IMG_0014
IMG_0015

320x480-75
320x480-75
320x480-75

ゲームの原点、アドベンチャーゲームブック、良いですね。
もはや絶版で入手困難な貴重な本が、手軽にアプリとして楽しめる時代になって
個人的には非常に嬉しい。

できることなら、もっとほかのシリーズも読みたいし、ゲームブックに限らず
今では入手困難なマンガや小説も、どんどんアプリ化していって欲しいと
願っております。
現代の派手なグラフィックやサウンドに頼らない、本当のゲームの面白さを
味わってみたい方にはオススメです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

001327
http://igamebook.jp/