Sony-PS4-Official

PS4、XboxOne、そしてWii U・・・
現在の据置きゲームハード戦線を冷静に分析。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

PS4絶好調!当たった「じらし作戦」

002440

主要国では最も遅い2月22日に日本国内で発売されたソニー(SCE)の
据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」が、好調なスタートを切った。

世界全体では1年先行して発売した任天堂「WiiU」を販売台数で逆転
PS4と同時期発売の米マイクロソフト(MS)「Xbox ONE(エックスボックス・ワン)」
にも大差をつけた。次世代ゲーム機はさながらPS4の「1強」状態だが、
ソフト不足解消の見通しはたっておらず、依然“転落”の可能性も残っている。
PS4は発売から2日間で32万2千台を販売
平成18年発売のPS3の約4倍に上った。

PSを支えるゲーマーをじらした戦略はこうして見事に成功したが、現状を冷静に
見れば、欧米での人気を国内PS4の販促に利用している状態だ。
今後は魅力的なゲームの継続的な発売が必須となる。

いまだ「マリオ頼み」の任天堂

専門家は「いまだにWiiで遊んでいる人が一定数いることがWiiU不振の要因の一つで、
マリオカート8は移行を進めるきっかけにはなる」と任天堂の戦略は妥当と指摘。ただ、
「WiiU本体を買ってまでマリオを遊びたいファンがどれだけいるかが鍵」ともみる。
マリオカートが期待通りのヒットにつながらなければ、WiiU立て直しは
さらに困難となる


c20130612_mc8_01_cs1w1_1180x1280

30年前からのヒット商品しか頼みの綱がない、任天堂の
「マリオ頼み」はいつまで続くのだろうか。

Xboxは日本発売されない?!
一方、MSのエックスボックス・ワンは、日本での発売日がいまだに決まっていない。
MSは日本での発売を示唆してはいるが、ゲーマーの間では
「日本では発売されないのでは」との疑念が消えていない。

KADOKAWAの浜村常務は「日本と海外はユーザーの好みが異なる。
日本での売り上げは国内向けゲームをいかにそろえることができるかにかかっている」
と強調する。ただ、国内ゲーム会社はスマホ向けゲームへのシフトを強めており、
PS4やWiiUのソフトは当面不足気味になる見通しだ。

だがPS4の世界的ヒットにより、国内のゲーム会社もPS4向け開発に積極的に動き出した
との情報もある。今後のソフト展開がゲーム機戦争の行方を左右しそうだ。
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/140307/wec14030715090001-n1.htm

産経記事ですが、かなり冷静に業界の情勢を見ているようです。
中でも、「マリオカートが期待通りのヒットにつながらなければ、WiiU立て直しは
さらに困難となる」、これはガチでしょう。それだけ、期待値の高いタイトルです。

ただ1つだけ付け加えるなら、任天堂には「二の矢」があります。

「マリオカート8」にまさかの大ゴケがあっても「スマブラ」が控えているので
あと1回は勝負できます。「マリカー8」が当たった後なら、良いダメ押しにもなるでしょう。

あえて言いいますが、もしこの2本がダメだったら、もう本気でWii U はダメかも
知れません。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

19c6e260
マリオカート8