『The Division』の製作に用いられているSnowdrop Engine
大型タイトルをスマートに製作できるだけでなく、次世代機の
ポテンシャルを活かした贅沢なグラフィックの再現が可能なエンジンとして
注目が集まっているゲームエンジンですが、その開発を行った
Ubisoft Massiveの開発者が海外メディアのインタビューに応じています。

同スタジオのRodrigo Cortes氏いわく、エンジン開発には5年の歳月を要したとのこと。
開発に着手する段階で「次世代機では何ができるのかを予想し、
同時に我々にどのような制約があるのかも考えた」と説明。
スウェーデンを拠点にしているUbisoft Massiveでは、
数少ない限られたメンバーで市場で他のタイトルと充分に戦える
トリプルAタイトルを製作するために、同エンジンの開発を行っていました。
http://www.gamespark.jp/article/2014/04/02/47497.html 


スクリーンショット











Ph009167
オフィシャルページ
http://tomclancy-thedivision.ubi.com/game/en-GB/home/

驚異的なグラフィックは(Ubiお得意のスクショ詐欺が無ければ)
間違いなく次世代機筆頭格。
ゲーム面も挑戦的な要素を多数導入、興奮間違いなしの超絶クオリティを約束。

『トム・クランシー』ブランドのオープンワールドオンラインRPG、
「Tom Clancy's The Division」はPS4/Xbox One、さらにPCも対応で
2014年、あるいは2015年にリリースされそうな情勢。

約束された神ゲー、遊べるのはだいぶ先ですが、しばし情報を追いかけながら待ちましょう。
( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯


入金不要ボーナスのリストはこちら