「ソウルキャリバーVI」キャラクター紹介動画第2弾




開発者インタビュー
・本作はソウルキャリバー20周年プロジェクトの集大成

・今後シリーズをどうしていくのか考えた時、次のタイトルを出さないと
『ソウルキャリバー』というブランドが終わってしまうのではないか
という危機感があった



・『ソウルキャリバー』と『鉄拳』のシステムで一番違うのは、
拳で戦うか剣で戦うか。プロデュースするからにはこの違いを徹底的に突き詰めたい

・様々なものを試したがアンリアルエンジン4が一番良かったので採用した

・本作は「ルクソール」というコードネームで開発が進行していた。
ルクソールは光を意味する言葉で、本作では光の表現が一つのチャレンジだった。
アートの方向性はソウルキャリバー1のような明るい画面を出すこと

・剣と剣で戦うとき一番興奮するのは自分が剣豪になれたときだと思う。
例えばスローモーションで相手の剣を鼻先ギリギリで避けてから相手に切り返すとき。
この剣豪気分を簡単に味わえるように「リバーサルエッジ」というシステムを作った

・頑張って開発中。発売日は2018年のなるべく早い段階でお届けできればなと
ほか:http://blog.esuteru.com/archives/20022778.html


今作、開発陣はかなり気合い入っている模様。
発売はまだ先ですが、期待したいところです。 ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯