SIEよりPS4コントローラー「レボリューション プロ コントローラー2」が7/26国内発売決定 



http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180705-71446/

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は7月5日、
オフィシャルライセンス商品「レボリューション プロ コントローラー2」を
7月26日に発売すると発表した。価格は税別1万2000円。





「レボリューション プロ コントローラー2」は、ゲーム周辺機器メーカーNACONが
開発したPlayStation 4向け有線コントローラー。PC向けにも使用できる。
NACONは2016年に「REVOLUTION PRO CONTROLLER」を発売しており、
本機はそのバージョンアップ版となる。eSports選手と協力しテストを重ねた、
競技向けのコントローラーであるといえる。
国内版は、SIEが販売を担当する。同梱物は以下のとおり:


 ・レボリューション プロ コントローラー2 x1個
 ・USB Type-Cメッシュケーブル3m x1個
 ・追加ウェイト(10g x2個、14g x2個、17g x2個)
 ・ウェイトコンパートメント用キー x1個
 ・収納ポーチ x1個


同コントローラーはさまざまな特徴を持つが、もっとも目を引くのが、
左スティックがゲームパッドの一番左側に配置されている点。
PS4コントローラーのDUALSHOCK 4といえば、真ん中にスティックを配置する
(ほぼ)対称的なデザインが特徴。

このデザインが好ましいかが、同コントローラーを選ぶ基準のひとつになるだろう。
角度46度と高さの改善、最先端ファームウェアにより強化され、
入力時の正確性と動作性を高めているという。

20180705-71446-001

左右のアナログスティックはトップの形状が異なっており、移動やエイムなど
それぞれの操作に合わせたものとなっているようだ。
方向パッドは4方向または8方向の入力切り換えが可能だという。
また、グリップ部分内部に錘を仕込むことで重量を調節できる仕掛けも用意されている。

背面には4つの「ショートカットボタン」が増設されており、アプリを介して
割り当てる機能を自由にカスタマイズできる。
また、ウェイト入れ替えによるコントローラーの重量調整や、バイブレーション強度の
調整など、細かなパーソナライズが可能であるようだ。

20180705-71446-002



プロスポーツ向けという点、そして従来のDUALSHOCKとは異なるデザインが
注目を集めた異色のパッド「レボリューション プロ コントローラー2」。

競技を視野に入れている方もそうでない方も、もっとも快適な操作性に重点をおいた
本コントローラーを試してみてはいかがでしょうか。 ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯