「ファークライ ニュードーン」ストーリートレーラー




2018年3月に発売されたオープンワールドRPG、『ファークライ5』。
「世界の崩壊に備えよ」という啓示を受けた“教父(ファーザー)
”ジョセフ・シードを中心とするカルト教団“エデンズ・ゲート”に支配された、
アメリカ・モンタナ州の架空の片田舎、ホープカウンティを舞台に、
プレイヤーはレジスタンスとなって支配からの解放に挑んだ。

『ファークライ』シリーズらしいブッ飛んだ設定に負けず、
エデンズ・ゲートの面々はおろか、仲間としてともに戦ってくれる
“ガンフォーハイヤー”までもが恐ろしく「個性的」だった。
そして、物語の主軸となるジョセフが唱えた“崩壊”は恐るべき現実を持って叶えられ、
その結果、世界中のプレイヤーのあいだでも賛否両論の
エンディングが展開したというわけだ。

しかし、まさかあのエンディングから話がつながる作品が出るとは思わなかったし、
そもそもジョセフの生死は謎のままだったし……。
それが、『ファークライ ニュードーン』。
今回の舞台は前作で起きた核戦争から17年後のホープカウンティである。

5c25fa784a94d

今回の新たなる脅威の存在が明らかになっている。
壊滅的な打撃を受けたホープカウンティだが、生存者は存在しており、
力を合わせて住人たちはサバイブしていた。

5c25fa7854976

一縷の望みに懸けるしか望みのない大地に、新たな脅威もまた生まれていた。
無法の世界で生まれ育ち、欲しいものは奪い取ることを
行動原理とする“ハイウェイマン”たちだ。
ホープカウンティの資源に目を付けた略奪者たちを率いるのは、ミッキーとルー。
この双子のリーダーが、本作の“敵”となる。

5c25fa77ca442

 ホープカウンティの生存者たちは、数少ない材料で作った武器を手に抗うほか、
道はない。生存者は“プロスぺリティ”と呼ばれる拠点をホームベースとし、
ハイウェイマンたちと戦う準備を整える必要がある。
ここで装備を強化するだけでなく、プロスペリティからシリーズ史上
初となる規模で展開する、湿地帯や峡谷といった印象的で多様な土地を
探索できるようになるとのことだ。



本作は『ファークライ5』の後日談として、核爆弾が投下された後の
ポスト・アポカリプス世界を冒険する、
『ファークライ5』のスタンドアロン続編。
発売日は2月15日で販売価格は39.99ドル(税抜5400円)。
対応プラットフォームはPlayStation 4/Xbox One/PC。

予約も開始されたので、シリーズのファンは早速予約を
入れておきましょう!! ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯