product


つくる、おてがるVR。
「ニンテンドーラボ VRキット」本日発売!
ということで、本日早速ゲットしてきました。
あまりに面白かったので、久しぶりに実録レビュー

まずはお店で朝一にゲット。
ニンラボVRキットには、バズーカVRのみの体験ができる『ちょびっと版』と
バズーカを含んだ、6つのVRソフトが収録される『フル版』があります。

ニンテンドーラボ_VRキット (1)

001661




001662








せっかくなので『フル版』購入。
箱がけっこうデカくて、なかなか持ち運びにくい。
車で買いに行けないならネット注文の方がおすすめです。

ニンテンドーラボ_VRキット (1)
ニンテンドーラボ_VRキット (2)
ニンテンドーラボ_VRキット (2)


セット内容。
ここに入ってる輪ゴムは100円ショップのものとは格が違います。
何がというとうまく言えませが、何かが違います。

ニンテンドーラボ_VRキット (3)
ニンテンドーラボ_VRキット (4)
ニンテンドーラボ_VRキット (5)


ここからはひたすら工作タイム。
実は自分けっこう不器用な方で、図工は2でした。

普通の人はもっとテキパキと作れるのかも知れませんが
けっこう苦労しながらの1時間半、ようやくバズーカ完成!
感無量です (`;ω;´)    ちょっと端っこ削っちゃったけど

ニンテンドーラボ_VRキット (7)
ニンテンドーラボ_VRキット (6)

ゴミもけっこう出ます。ゴミ袋必須。

ニンテンドーラボ_VRキット (8)


これだけでけっこう楽しんだ気分なんですが、本番はここから。
実際に完成品で遊んでみないと始まりません。

ゴーグル右上に見える、丸いマーク。
ここを2回トントンすると、メニュー画面や選択ボタンなどの
アクションが行なえます。
本体自体が内蔵センサーで振動を検知している模様。
これは画期的です。地味に凄いSwitch、そしてニンラボVR。


ゲームを始めるとこっちもちゃんとVRしていて、自分視点、
頭をふって左右を見れば画面もついてきて、
自然な動きで仮想空間に飛び込むことができます。

この迫力は伝えにくいところ、VRの仕様上
こればかりは実際に体験していただくしかありません。

ちなみにプレイ中の姿は下記のような状態になって、
なかなか家族から冷ややかな目で見られます。

001664


参考動画、貼っておきます。
フル版に入っている『海』楽しい。
ただし、この映像で見るものとVRとして体感するものは別物と
考えておいてください。迫力、臨場感がまったく変わります。




総評すると、本日発売の「ニンテンドーラボ VRキット」は
予想以上にVRしていて、ガワも頑丈、ちゃちくはありません。
何よりこの価格でVR体験できるのですから、
お手軽で良いのではないでしょうか。

欠点をあげるなら、やはり映像の解像度は低く多少ボケて見えます。
これはスペックもそうですが、何よりレンズが安い影響が大きい。
ただ、プレイに支障が出るレベルではないので、これはお値段相応。

また、面白すぎて夢中になってしまうため、充電の減りが早いです。
しっかり充電してからプレイにのぞんでください。

ゾウとかまだこれから作るので、全部の感想ではないですが
ニンラボVRは値段相応を踏まえて買うなら、十分合格点!

以上、久しぶりに実体験レビューでした。
長々読んでいただき、ありがとうございました。 ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯