新たな携帯ゲームハード「Playdate」が発表 


003883

https://automaton-media.com/articles/newsjp/20190523-92573/

手軽に遊べる新たな携帯ゲーム機「Playdate」が発表。
2020年出荷予定、本体価格は149ドル。
本体には、12本のシーズンタイトルが含まれており、
充電用のUSB Type-Cケーブルも同梱される


003884




「Playdate」は、白黒画面に小さな携帯ゲーム機。
特徴なのは、操作インタフェースとして十字ボタンやABボタンのほかに、
右側にクランクがついていること。
クランクをまわすことで操作に新たなひねりが加えられるという。

本体サイズは74mm × 76mm × 9mmと薄く小さい。
胸ポケットに収まる程度のサイズにデザインされている。
モニターはシャープ製の2.7インチディスプレイで、解像度は400 × 240ドット。
高コントラストで超高精細、高反射でバックライトを必要としない
モノクロのスクリーンになるという。

タイトルに、『塊魂』などを手がけた高橋慶太氏による新作
『Crankin’s Time Travel Adventure』など、著名なクリエイターの
ちょっとしたゲームが収録される。
ちなみに『Crankin’s Time Travel Adventure』は、クランクだけで遊ぶ
時間操作アドベンチャーになるようだ。
そのほか壺男こと『Getting Over It with Bennett Foddy』を手がけたBennett Foddy氏や、
『SpellTower』などを手がけたZach Gage氏、モバイルゲームなどを数多く手がけてきた
デザイナーShaun Inman氏がゲームを提供するという。
マルチプレイ対応することも可能だが、多くのゲームはシングルプレイ向けとなる。




「Playdate」はWi-FiおよびBluetooth接続に対応しており、
毎週月曜日に自動的に「Playdate」専用のゲームが追加されていくそうだ。

ひとまず12週続けることをシーズン1と定義しており、シーズン方式で
ゲームを提供していくという。電源を入れた時点でシーズンが始まるが、
すでに配信されたタイトルはすぐに受け取ることができるそうだ。
シーズンが続いていくかは、売上次第であるとしている。

ハードウェアスペックはリリース時に公開する予定のほか、OSはPanicが開発した
カスタムOSで動作する。開発環境としては、MacベースのSDKとシミュレーターを用意。
Lua言語とC言語での開発が可能だという。



なお「Playdate」は、“愛すべき他のデバイス”と競合することを望んでいないという。
あくまで、補完的な関係になれるよう設計。
外出先で携帯電話を、また自宅でコンソールで遊ぶ時間の合間に、
ちょっとした楽しみを届けたいと考えており、スキマ時間にサッと手にし、
ふとした時間を満たしてもらえるよう設計したそうだ。
ゲームハードの市場を狙うのではなく、その“スキマ”を狙った製品として作られている。


003885




「Playdate」は2020年出荷予定。本体価格は149ドル。
日本語サイトがあること、そして日本にもパニック・ジャパンが存在することから、
おそらく日本でも購入できるようになるでしょう。

安価で手軽、ギミックも面白いし、シーズン配信提供方式のタイトル群と
新しい試みもされている意欲作、ひょっとしたらブームを起こせる
ポテンシャルを秘めた、なんとも気になる携帯ハードです。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

002932