01024


暗号投資家が注意しなければならない5つの要素

資産を理解しようとするあまり、執着してはいけません。
細かすぎると、全体像と矛盾した混乱した結論になる可能性があります。
暗号通貨の世界は複雑ですが、この5つの要素を知ることで
コンセプトをシンプルにすることができます。
他にも重要な内容はありますが、そのほとんどは投資家ではなく
開発者にしか関係ありません。

意図された設計
すべてのクリエイターは、自分の作品に特定の目的を想定しています。
2009年に発売されたビットコインは、当初、銀行を介さない
決済手段として開発されました。
イーサリアムは、非中央集権的なアプリケーションをサポートする
データのネットワークとして作られました。
リップルは、世界中の銀行を代替するのではなく、支援するためのネットワークです。
ブロックチェーンの存在に対する作成者の意図は、将来の収益性に影響を与えます。成功した
ネットワークに取って代わることを目的としたコインやトークンへの投資を避けることは、
暗号通貨の基本です。現在の暗号通貨ニュースによって、すでに確立されたものを
支援するために作成された資産に焦点を当てます。

潜在的な用途
開発者よりも投資家の方が、資産の新しい利用法を見つけるのに
クリエイティブな傾向があります。
その多くは、プラットフォーム上での取引や、便宜を図ってもらうための取引です。
ネットワークの維持に興味のない人が、トークンをお金のように
使ってしまうこともあります。
これは決して悪いことではありません。
ネットワークの地域通貨をマイナーや関係者だけで滞留させるのではなく、
ユーザー間で循環させることができます。誰がサポートするかによって、
潜在的な用途は異なります。
ほとんどのオンラインカジノでは、上位10種類以下の暗号通貨しか受け付けていませんが、
あまり知られていない資産のニッチ市場に注目する投資家もいます。

可能なソース
コインやトークンを取得することは、投資家の目的の一つです。
様々な用途があるように、資
産も様々なソースから得られますが、その多様性はその価値に依存します。
例えば、ビットコインは、かつてはニッチ市場の投げ銭的な景品として、
ほとんどあらゆる場所で提供されていました。
今日では、コミッションの支払いや一部の都市では給料として提供されるなど、
主流の市場の一部となっています。
これは、その地域でコインをフィアットに変換するのがどれだけ簡単かによります。

オンラインチューター
多くの専門家が自分の知識をオンラインで共有しています。
彼らの中には、ブログを書いたり、ビデオを作ったりする人もいれば、
最新の暗号通貨ニュースのウェブサイトで公式記事を発表する人もいます。
また、世界中の億万長者は、デジタル資産をどのように理解したかを
説明するだけでなく、経済全般に関する彼らの洞察を共有しています。

信頼できるニュースソース
投資家の旅は、暗号通貨の基本を理解することで終わるべきではありません。
ポートフォリオ内の資産の発展をフォローする必要があります。
これには、外国で課された規制や制限、影響力のある人の意見、
パニックや興奮を引き起こす可能性のある噂などが含まれます。
アップデートは常にデジタル資産の長期的な可能性に影響を与えるので、
いつでも購入または売却できるように準備しておきましょう。



入金不要ボーナスのリストはこちら