09492

オンラインカジノで主流のゲームと言えばスロットゲームやバカラ、ブラックジャック、

ルーレット、ポーカーなどのテーブルゲームですよね。

しかし、マカオやシンガポールといったアジア諸国のランドカジノで好んでプレイされている

「ファンタン」も忘れてはいけません!カジノ場に入ると、正方形のテーブルの上に

何やら白いボタンと金属でできたカップのようなものが置いてあるのをみたことがないでしょうか?

これが「ファンタン」のゲーム台です。


ここでは一流ブックメーカーゲームとして話題の「ファンタン」の遊び方をわかりやすく

ご紹介します。Rabona https://rabona.com/ja/ といった安心してプレイできる

カジノブランドを見つけて、代表的なアジアのゲームを楽しみましょう!



ファンタンの遊び方

09491

まず、ファンタンというゲームをイメージできるように、使用するものを挙げていきましょう!

使用するのは真四角のテーブル、100以上ある白いボタン、金属性の深めのカップ、

竹でできたヘラのようなものです。カップのようなものは白いボタンを覆うために使われます。


次にディーラーの動きです。ディーラーはテーブル上にある白いボタンの山から、

カップをかぶせてすくい上げ、ボタンを取ります。ボタンの数や状況はカップが

伏せた状態であるため、プレイヤーには見えません。

山があるエリアからカップを離します。この時に、竹のヘラのようなものを境界線として使います。

これで、山の部分とカップの部分が明確に分断されます。


次に、プレイヤーが賭ける番が回ってきます。ちょっとややこしいのですが、

プレイヤーはこのカップの下に隠れている白いボタンの数を「4」で割り、

余ったボタンが「0、1、2、3」のどれになるかを予想します。

たとえば、実際のボタンの数が20であった場合は「0」が的中となりますよね。

21だった場合は「1」、26だった場合は「2」が当たり、35だった場合は「3」を

予想すれば配当を獲得できるという流れです。


ディーラーはカップの中のボタンを正確にテーブル上に4つずつ並べていきます。

プレイヤーに一気に緊張感が走る瞬間ですね!ここで予想した数字が

見事当たられば3倍の配当をゲットできます。


賭け方は0、1、2、3にストレートに賭ける方法もありますが、その他、

0と1、1と2、2と3などの間部分にチップを置いて、2つの数字にベッティングすることも

可能なんですよ。

この賭け方の場合は配当は半分になってしまいますが、勝率は確実に高まりますよね。




ファンタンの起源は中国

ファンタンという名前からもおわかりになると思いますが、ゲームの起源は中国

(広東という情報が有力)です。19世紀のアメリカ・ゴールドラッシュと共に海を渡り、

アメリカ全土に広がったと言われています。米国のチャイナタウンで遊ばれていたこともあり、

瞬く間にその名が知れ渡りました。ファンタンはルールがやや込み入っているため、

とっつきにくい面もありますが、一度遊び方を覚えてしまうと、これほど夢中になれる

ゲームはないと豪語するカジノプレイヤーもいます。


アジア圏で支持を得ているカジノゲームには、数字をユニークに利用したものが

いくつかありますよね。まるで、大人たちが数字で楽しく遊んでいるかのようにも見えます。

そうとは言いながら、ドラゴンタイガーといった丁半ゲームに似たシンプルな

カジノゲームも存在するのは面白いですね。一発勝負のドラゴンタイガーでも、

本格的なカジノプレイヤーは過去の出目を記憶して、確率を割り出して勝負をするそうです。

もちろん、ここでご紹介したブックメーカーゲーム・ファンタンの数字の出目の確率も

しっかり頭に入れて、自己分析を頼りに賭けに挑んだ方が楽しいです!

これこそ、カジノゲームを長く堪能するコツとも言えますね!


ここでは人気のブックメーカーゲーム・ファンタンの遊び方やルール、

賭け方をご紹介しましたが、数回プレイすればきっと慣れてくるはずなので、

ぜひチャレンジしてみはいかがでしょうか?優良オンラインカジノサイトでは

RNG(乱数発生器)を利用したデジタル型と本物のディーラーがいるライブゲームで

プレイできます。ぜひ、お試しあれ!




入金不要ボーナスのリストはこちら