34637


ビットコインやイーサリアムのような暗号資産が一般の人々に広く浸透し始めている今、これらの基盤技術であるブロックチェーンはさらなる進化を遂げています。そして、最新のブロックチェーン技術を基に、多様なクリプトゲーム(NFTゲーム)が誕生しています。


また、さまざまなクリプトゲームがオンライン上に存在する中で、人気の仮想通貨プレセールおすすめに掲載しているようなトークンがゲーム上で活用され始めています。そこで本記事では、2024年は一体どのようなトークンがクリプトゲーム界で影響力を持ち、プレイヤーに新たな可能性を提示しているのかを探ります。


そもそもクリプトゲームとはNFTゲームとも呼ばれ、ブロックチェーン技術を基盤として開発されたデジタルゲームのことを指します。これらのゲームは従来のデジタルゲームとは異なり、ブロックチェーンを使うことで、ゲーム内で手に入れたアイテムやキャラクターが実世界でも自由に売買できるような所有権をプレイヤーに与えます。


そして、このようなクリプトゲーム内でのアイテム購入やキャラクターのアップグレード、土地や装備の取引など、様々な目的においてトークンが活用されます。一方で、クリプトゲームによって使えるトークンは異なり、将来性も千差万別です。では、現在どのようなトークンが、クリプトゲーム業界で最も可能性を秘めているのでしょうか。


まず、約5,000億円の市場価値を付けているトークンImmutable(IMX)は、クリプトゲーム用のトークンとしてすでに多くのファンを獲得しています。そして、NFT取引やゲーム内アイテムの取引に焦点を当てたImmutable Xというプラットフォームで活用されており、このプラットフォームが提供するいくつかの革新的な機能と利点によりトークンの価値は上昇し続けています。


具体的には、Immutable Xではユーザーがガス代なしでトランザクションを行うことが可能です。そして、この特徴はゲーム内で頻繁に小規模取引を行うプレイヤーや開発者にとって有利に働きます。また、Immutable Xは非常に高いトランザクション処理能力を持ち、大規模なゲームが多くのユーザーによって同時にプレイされても、システムの遅延やパフォーマンスの低下を最小限に抑えることができます。このようなプラットフォームの持つ利点から、Immutableのポテンシャルは向上し続けているのです。


また、草コインの1つとして人気を誇る暗号資産DOGEのインスピレーションを受けて開発されたゲーミングトークンFLOKIも、2024年は話題を呼んでいます。このトークンは、特にソーシャルメディアやインフルエンサーによって強く推進され、テスラ社CEOイーロン・マスク氏のペットである柴犬の名前がFLOKIの由来として知られています。

そして、すでにFLOKIはゲームプラットフォームと組み合わせることでユーザー参加型のエコシステムを構築しており、ゲーム内におけるFLOKIトークンを使用したアイテムの購入や報酬の獲得を可能にしています。さらに、メタバースNFTゲーム「Valhalla」内にてFLOKIトークンを使用し、NFTの発行や取引を行うこともできます。


ImmutableやFLOKIのように、2024年は革新的なブロックチェーン技術やトークンのユニークな起源、コミュニティのサポートなどの要素が組み合わさることで、クリプトゲームに活用できる最高のトークンは今後も次々と生み出されていくでしょう。