8tnu01000000rdtk

当時のプレステのアイコン的なキャラクターであった『クラッシュ・バンディクー』。
近年目立った動きがないこれらのシリーズについて、SCEのCEO Andrew House
が海外メディアからのインタビューに応じています。

Andrew-House-of-Sony-007

海外メディアTelegraphから「クラッシュ・バンディクースパイロ・ザ・ドラゴン
復活はあるのか」といった質問に対し「とても危険な話題ですね」と
笑いながら回答。「今なお話題に挙がる、若年層にとって大きな存在であった
これらのキャラクターたちを取り戻すことは、決して間違ったことではない
のではないか、
といった議論が挙がり出しているところです」と説明。

近年少なくなった、子供などに向けたカジュアルなキャラクターが活躍するタイトルの
必要性を感じていること示唆していると共に、SCEがこれらのIPが戻ってくるための
門を開けている
ことを語っています。




PS4にて『KNACK』などのアニメイティブなタイトルは揃えながらも、幼児・子供向けの
コンテンツは決して多いとは言えない昨今のPSプラットフォーム。
これまでのリアルを追求した大人向けコンテンツだけではなく、異なるユーザー層
獲得のために、過去に保有していた愛嬌のあるIPを取り戻すことがあるかもしれません。
http://www.gamespark.jp/article/2014/07/14/50037.html



「クラッシュ・バンディクー」などの今のソニーハードのタイトルとはちょっと
毛色の違ったタイトル復活に、意外にも(?)ソニー自体は乗り気。

「門は開けている」 - これはひょっとすると、本気でPS4版「クラッシュ・バンディクー」
くるかも知れませんね!期待です!! ( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯